Tasmania Day1
c0035836_23343045.jpg
メルボルンからタスマニアまで11時間船で渡り、その後タスマニアでは3日間のキャンピングツアーに参加してみました。
船を下りたデボンポートでピックアップ。
さっそく、タスマニアっぽい壮大な景色。


c0035836_23353454.jpg
この乗り心地の悪そうなバスで3日間移動しまくり。
参加者は若者がやはり多かった。


c0035836_23362660.jpg
車内はこんな。
デボンポートからロンセストンへ向かいます。


c0035836_23365717.jpg
キャタラクト渓谷


c0035836_23384034.jpg



c0035836_23392472.jpg



c0035836_23394254.jpg



c0035836_2340178.jpg



c0035836_23401637.jpg
山の真ん中にプールがありました。
水着がなかったので入らなかったけど、ここで泳いだらきっと気持ちいいと思う。
でも回りにバーがなかったから駄目だな。


c0035836_23412387.jpg
オーストラリアは野生の孔雀にも遭遇できます。


c0035836_23424378.jpg
お次は日本人に人気のスポットROSSへ。
なぜ日本人に人気があるかと言うと


c0035836_23433112.jpg
人気の理由はこのベーカリー。

見てわかった人いますか?
わかった人は宮崎駿通。

魔女の宅急便のパン屋のモデルになたっという噂。

AllAboutにも載ってました。
アニメ『魔女の宅急便』のモデルと噂のパン屋を訪ねて 魔女の宅急便キキのパン屋さん?


c0035836_23444671.jpg
私は魔女の宅急便を見たことすらないので、特に感動はなかったのですが日本人には大人気らしいです。


c0035836_23453485.jpg
混んでたので何も買わずに写真だけ撮って出てきました。
空いているときには、2階の部屋を見せてくれるらしいです。
2階の部屋はキキの部屋そっくりだそうです。


c0035836_23465417.jpg
店内でも食べれるし、外にもテーブルがあって買ったパンを食べることができます。


c0035836_2351234.jpg
そしてこのパン屋、宿泊もできるらしい。

http://www.rossbakery.com.au/


c0035836_23563026.jpg
パン屋の前に停められたレトロな車。
演出なのか本当に誰かが駐車していたのかはわかりません。


c0035836_23472519.jpg
RossBridge


c0035836_23475713.jpg
Rossはとっても静かな街でした。


c0035836_23482441.jpg
ホバートまで何マイル?
ギリシャ数字が読めません。


c0035836_234953.jpg
逆側はロンセストンまでの距離。
やっぱり読めないギリシャ文字。


c0035836_2350084.jpg
Rossで1時間ほどフリータイムがあったのでフラフラしてみた。
アンティークやクラフトショップがありました。
てか、それしかない。


c0035836_23504665.jpg
いろいろ売ってたけど、特に欲しいものはなかった。


c0035836_23525942.jpg
花の石鹸。


c0035836_23532648.jpg
PostOfficeもレトロでかわいい。


c0035836_23542729.jpg
Post


c0035836_2354437.jpg



c0035836_23545598.jpg
まだまだあるよアンティークショップ。


c0035836_23551972.jpg



c0035836_23554974.jpg
羊が出迎えてくれるのはWoolCenter


c0035836_2357202.jpg
もちろん中ではWool製品がいっぱい売られています。
製造工程なんかも見れました。


c0035836_23575548.jpg
TelephoneBox


c0035836_23582169.jpg
教会


c0035836_0145742.jpg
もう1個教会


c0035836_23585181.jpg
この日宿泊したバッパー。
広くて私たちのツアー10数名で貸切だったので居心地はよかった。


c0035836_23594499.jpg
ディナー


c0035836_00138.jpg
芸達者なツアーガイドがギターやハーモニカを持参してた。
男子部屋で演奏会な夜でした。
[PR]
by rieaus | 2005-02-28 23:37 | Tasmania
<< レクター博士 Tasmania Day2 >>