Day9 - Firenze
c0035836_22202429.jpg
フィレンツェ二日目。
朝起きて部屋の窓から外を眺めると、フィレンツェの顔ドォーモが見えていた。

最近知ったのですが「冷静と情熱の間」っていう映画の舞台はフィレンツェらしい。
映画の中でドォーモが重要だとか。
おもしろくなさそうだけどフィレンツェが見たいから観てみようかな。

c0035836_22355563.jpg
ここは朝食付きのホテルだったので朝食はホテルで済ますことに。

c0035836_22395623.jpg
ここのホテルのキーもかわいかった。

c0035836_22403360.jpg
フィレンツェ観光開始。
歩くとアメ横のようなお店がたくさん開店準備をしていた。

c0035836_2241374.jpg
カバンなどの革製品をはじめ、色々なものが売られてました。

c0035836_2244155.jpg
イタリア最終日なので、一応ジェラートは食べなければ。
でも、朝食を食べた後なので後でどこかで食べることに。

c0035836_22452321.jpg
そしてホテルを出て2,3分歩くとドゥオーモ。

c0035836_22514048.jpg
前日みたときは夜だったので気付かなかったけど、ドォーモの石にはピンクがたくさん使われてることに気付いた。
色をつけてピンクにしたのではなくピンクの大理石らしい。

c0035836_2254620.jpg
ドアも綺麗。

c0035836_22571912.jpg
ドゥオーモ正面にある洗礼堂。

c0035836_22545753.jpg
こんな彫刻もあります。

c0035836_22574235.jpg
かわいいジャケットを発見したけどとっても高かったので見なかったことに。

c0035836_2324816.jpg
親子パンツ。
でも、これもすごく高くて大人用ので70ユーロとかだった。

c0035836_2332761.jpg
レプブリカ広場の凱旋門。
「冷静と情熱のあいだ」でこの凱旋門から広場を見下ろすシーンがあるらしい。

c0035836_23572662.jpg
広場の建物が修復中だったのですが、やはりここも建物の周りに絵が描かれているカバーが。
窓とかカバーに描かれた絵ですよ。

c0035836_23583272.jpg
メリーゴーランド発見。
移動式かな?

c0035836_23591680.jpg
かわいいお店がたくさん。
でも、入らない入らない。

c0035836_002314.jpg
このストッキング屋でストッキングを購入。

c0035836_23595455.jpg
なんか市場のようなところもありました。
このイノシシはポルチェリーノ(しし神様)というらしく、日本にもいくつかレプリカをおいているところがあるらしい。
鼻を撫でて、下にコインを乗せ、すべらせて下穴に入ると願いが叶うらしいよ。
みんなが鼻の部分を触るから、鼻だけピカピカなんだな。

c0035836_065443.jpg
そして、この市場付近にこのイノシシがいたはず。
これ見覚えある人いませんか?
映画「ハンニバル」で刑事の人が血のついた手を洗うシーン。

Dr.Lecterファンなのにこのイノシシちゃんをうっかり見逃してしまった。
てか、ハンニバルは好きなので何度か観たけど舞台がフィレンツェだということをすっかり忘れていた。
ハンニバルライジング公開にむけ、先週テレビでハンニバルがやっているのを観て「あ!ここフィレンツェだ」と気付き、はじめて知った。
行く前に気付いていれば、もっとフィレンツェが楽しめたのにな、と少し後悔。

レクターが薬局の監視カメラに記録されてしまった、サンタ・マリア・ノッヴェラ薬局の近くも歩いてたのに素通りしてた。
残念。
日本にも支店があるらしい。
http://www.santa-maria-novella.co.jp/
レクターお気に入りのアーモンドの石鹸もHPに載っていたけど、入荷待ちと書いてあった。
ハンニバルで有名になってきっと人気があるのだと思う。

フィレンツェにこれから訪れる人は、ハンニバル観てから行くとよいですよ。


c0035836_01361.jpg
ヴェッキオ宮殿前の広場。
私がハンニバルで一番印象に残ってたシーンがここだった。
レクターがパッツィ刑事を殺して、窓際から突き落として吊るすシーンがここ!!!!

行く前にそれを知っていたら、もっともっとじっくり眺めたんだけどな。

c0035836_049404.jpg
ヴェッキオ宮殿入口。

c0035836_0254274.jpg
Palazzo Vecchio
ヴェッキオ宮殿。
この宮殿の窓から刑事は突き落とされたのですが、どの窓かわかかりますか?

c0035836_049322.jpg
多分この窓だと思います。

c0035836_3543362.jpg
窓の下に2体の彫刻があって、まさにここ!

c0035836_0332434.jpg
このシーン!
ハンニバルを観た人は絶対にこのシーンを覚えているはず。
私はこのシーンが脳みそ食ってるシーンより怖くて印象的だった。

c0035836_0514878.jpg
Piazza della Signoria
ネプチューンの噴水
周りにもたくさんの彫刻があります。

c0035836_0551844.jpg


c0035836_0553693.jpg
変な顔。

c0035836_05688.jpg


c0035836_0564256.jpg
後姿も素敵。

c0035836_0574036.jpg
アップ。

c0035836_0581659.jpg
Orcagna
ここもハンニバルで出てましたよねー。
夜のシーンだったので、ライトアップされてまた違う感じだったけど。

c0035836_0594672.jpg
Orcagna柱廊の彫刻。
これは「サヴィネの略奪」というらしい。
3人が複雑に絡み合って、どうなっちゃってるんでしょう。

c0035836_10509.jpg
どうなってんだ?

c0035836_11732.jpg
近くで見るとすごい迫力。

c0035836_114649.jpg
後ろの建物は
ヴェッキオ宮殿。

c0035836_12367.jpg
フィレンツェの彫刻はマッチョででかくて迫力があって見ごたえがあります。

c0035836_131738.jpg
すごい迫力。

c0035836_15062.jpg


c0035836_182871.jpg
らぶおみたいな手。

c0035836_19752.jpg
ツアーなどの観光客もたくさん。

c0035836_1121978.jpg
ジュディス
顔持っててちょっと怖い。

c0035836_1144436.jpg
ラプティスプラザじゃないよ。
ダビデ像。
でも、これもレプリカ。

c0035836_1205717.jpg


c0035836_1211517.jpg


c0035836_1213024.jpg
せっかくなんでヴェッキオ宮殿内に入ってみた。

c0035836_1225718.jpg
入ってすぐにある中庭の中央には「イルカを持つ天使」の噴水。

c0035836_124407.jpg
天井も綺麗。

c0035836_125617.jpg
階段を上る。

c0035836_127897.jpg
500人大広間。

c0035836_1284114.jpg
ここもハンニバルで使われていたような気がする。
刑事が殺された後、仲間が宮殿内に入ってきてすごい勢いでレクターに殺されるシーン、ここじゃないかな、と思う。

もう一度ハンニバル見なければ。
そして、ハンニバルライジングも見たい!
羊たちの沈黙
ハンニバル
レッドドラゴン
の3部作。
見たことない人、または羊たちの沈黙しか見たことない人とか、全部いっきに見るとめちゃめちゃおもしろいですよ。
レッドドラゴンが最後に作られたけど、流れ的にはいちばんはじめなので、レッドドラゴンから見ても話が繋がりやすいと思います。
レッドドラゴンの最後のシーンと羊たちの沈黙のはじめのシーンが見事に繋がっているのがよくわかりますよ。

c0035836_1292847.jpg
天井の隅々まで素晴らしい壁画が。

c0035836_13044.jpg
広間の両サイドには、迫力満点の彫刻がたくさん。

c0035836_131924.jpg
すごい迫力。
叩こうとしてる人の顔がちょっとニヤけててすごく怖い。

c0035836_1313481.jpg
ここの彫刻は全部、でかくてマッチョで力強い。

c0035836_1315020.jpg
みんな強そうです。

c0035836_132497.jpg


c0035836_1322097.jpg
そして、彫刻の上には絵が。

c0035836_1333721.jpg
上に上れたので上ってみた。
宮殿の上の方から見下ろした広場。
ハンニバルで刑事を突き落とすときの眺めもこんなだったはず。

c0035836_1343820.jpg
上から見下ろした広間。

c0035836_1363189.jpg
こちらは「地図の部屋」

c0035836_1381079.jpg


c0035836_1382446.jpg


c0035836_1454880.jpg
ヴェッキオ宮殿終了。
外には彫刻風のパフォーマーが。

c0035836_1462239.jpg
Galleria degli Uffizi
ウフィツィ美術館も行きたかったけど、長蛇の列だったのでやめました。
いつも1時間待ちとからしい。

c0035836_1543835.jpg
Chiesa di Santa Croce
続いてサンタクローチェ教会へ。

c0035836_156631.jpg


c0035836_1563047.jpg
修復中なのかよく見えない。残念。

c0035836_1571187.jpg
教会内部。

c0035836_1572550.jpg


c0035836_1573970.jpg


c0035836_1575550.jpg


c0035836_158488.jpg
この教会はこのように偉人のお墓や記念碑が納められています。
全部で276人眠っているそうです。

c0035836_1594396.jpg


c0035836_1595716.jpg
サンタクローチェ教会出口の中庭。

c0035836_202967.jpg
そして、次はミケランジェロ広場を目指し歩きます。

c0035836_21142.jpg
橋から眺めたアルノ川。

c0035836_212997.jpg
橋を渡り中。

c0035836_221793.jpg
サンライズやサンセットをここで見ると相当綺麗だと思う。

c0035836_23563.jpg
前方に見える橋がヴェッキオ橋。
ドクターレクターもこのアルノ川沿いを歩いてた!

c0035836_233797.jpg
ほら!

c0035836_241599.jpg
川に写る建物がとても綺麗。

c0035836_244861.jpg
ミケランジェロ広場を目指し川沿いを歩く歩く。

c0035836_251463.jpg


c0035836_252943.jpg


c0035836_254862.jpg
ミケランジェロ広場は高台にあるので階段を上る上る。

c0035836_265945.jpg
朝からずっと歩きっぱなしだったのでかなり疲れてきた。

c0035836_275227.jpg
そして階段を上りあげるとミケランジェロ広場の絶景ポイント発見。

c0035836_285480.jpg
ドゥオーモも見えて、フィレンツェが一望。
ここはおそらくフィレンツェ1の絶景スポットだと思います。

c0035836_293694.jpg
この絶景ポイントにカフェがあったので

c0035836_2102062.jpg
ガソリンを注入することに。
イタリアのローカルビアが飲みたいと言ったらこのビールが出てきました。

c0035836_2104735.jpg
ピザも頼んで絶景ポイントでドゥオーモを眺めながらランチを堪能。

c0035836_212279.jpg
ランチ中2組もウェディングを見ました。
そして2組とも日本人カップルでした。
絶景ポイントなのでみなここで記念写真を撮りにきてたようす。

c0035836_2132593.jpg
花も植えてあって綺麗。

c0035836_2135656.jpg
らプティ巣プラザじゃありませんよ。
ここにもダヴィデ像のレプリカが。

c0035836_2145667.jpg


c0035836_215763.jpg
バック。

c0035836_2185674.jpg
絶景のミケランジェロ広場終了。

c0035836_2153167.jpg
同じ道を戻るのはつまらないので、あえて裏道を入って歩いてみました。
そこでたくさん見たのがこの家のベル。
アート!

c0035836_216399.jpg
色あせた感じが素敵。

c0035836_2171027.jpg
どんな音がするのが押してみたかったけど、人が出てきては困るので我慢。

c0035836_2174381.jpg
全部押したい。

c0035836_218041.jpg
ドアも素敵。

c0035836_2181315.jpg
開けたい。

c0035836_2183619.jpg
前方に見えるのはヴェッキオ橋。

c0035836_2203268.jpg
アルノ川沿いの街頭の足元。
足が生えていた。
鍵がいっぱいあるのはカップルの仕業らしい。
日本でもこういうところどっかにありますよね?

c0035836_2234298.jpg
川の向こうに見える建物はウフィツィ美術館。

c0035836_2241716.jpg
かわいいアクセサリー屋発見。
買わないけど。

c0035836_2273936.jpg
Museo di San Marco
続いてはサンマルコ美術館。

c0035836_2285019.jpg
中に入ってみました。

c0035836_229525.jpg
元修道院らしい。

c0035836_2294320.jpg
名前は忘れたけどこの絵が有名らしいと地球の歩き方に書いてあった。

c0035836_2313851.jpg
サンマルコ美術館終了。

c0035836_2334528.jpg
歩いているとまたゲイハウス発見。
しかも2軒!

c0035836_234342.jpg
おいしそうなパン発見。

c0035836_2343731.jpg
アニメに描いたようなおいしそうなパン。

c0035836_2352963.jpg
サント・スピリト教会。
せっかく行ったのに残念ながら開いてなく、中には入れなかった。
外観だけだじゃ地味すぎる。。


c0035836_2375472.jpg
PalazzoPitti
続いてピッティ宮。
めちゃめちゃ広い。

c0035836_2395782.jpg
ピッティ宮前の広場ではだいたんに寝ている人もたくさん。

c0035836_2405562.jpg
チケット売り場が少し混んでいたけど、せっかくなので並んでチケットを購入し中に入ってみた。
あと撮りたい彫刻がこの中に1体あったので、それが目的で。

c0035836_2415266.jpg
お目当ての変な彫刻を探しながら、庭園内を散策。

c0035836_2423099.jpg
上りあげ、上から撮影。
ここの庭、広い上にアップダウンもあってかなり疲れる。

c0035836_2431142.jpg
噴水発見。

c0035836_2432493.jpg
上ったと思ったら今度は長い下り坂。

c0035836_2435584.jpg
坂道の両脇にも彫刻が立ち並んでいました。

c0035836_2443548.jpg
美しいです。

c0035836_245153.jpg
お目当ての人が見つけられないまままた違う噴水が現れた。

c0035836_2453547.jpg
私の探してる人はいったいどこにいるのだろう。
1時間近く園内を歩き回ってるのに見つからない。

c0035836_246188.jpg
この広い庭園のどこにあの人がいるのかわからず、あきらめて帰ることに。
出口に出るまでもまた歩く歩く。
結局見つからなかったなー、と思い出口を出ようとしたら

c0035836_24715.jpg
お目当ての人発見!

c0035836_2472899.jpg
出口にいたのかよ。。。
こいつのせいで相当歩かされた。
でも、まあ結果的に撮影できたのでよしです。
このコデブなおっさん、お土産やとかでポストカードになっていていたのをいっぱい見ていたので撮影したかったのです。
目的達成。

c0035836_2493818.jpg
ピッティ宮終了。
ここでかなーり歩き体力を消費した。

c0035836_2501854.jpg
かわいいサンダル発見。
買わないけど。

c0035836_2504495.jpg
続いてベッキオ橋を渡りに。
ここも観光名所なのですごい人。

昔は肉屋などが並んでいたそうですが、異臭を放つというこでフェルナンデス1世(だれ?)が店を撤去して代わりに宮殿の周辺としてふさわしく宝石店を並べたらしい。
そしてその宝石店は今でも残っています。

c0035836_2563092.jpg
橋の両脇のお店がほぼ宝石店。

c0035836_2565811.jpg
ここで実際に宝石を買う人がいるのかが疑問。

c0035836_2572468.jpg
こんだけいっぱいあると逆に気がめいって選べない気がする。
あと、本物なのかな、というのもある。

c0035836_258182.jpg
キンキラキン。

c0035836_2581511.jpg
隣のお店もキンキラキン。

c0035836_2582783.jpg
そのまた隣もキンキラキン。

c0035836_2584874.jpg
綺麗なアーチ。

c0035836_2593384.jpg
ヴェッキオ終了。

c0035836_301730.jpg
そして小腹が空いてきた矢先にジェラート屋を発見したので食べてみることに。
でも、大失敗した。
「コーンとカップどっちがいい?」って聞かれたので「カップで」と答えた。
そしたら、お姉ちゃんが「このカップでいいね?」ってカップを指差していったので「Yes」と答えた。
3ユーロくらいかと思ってレジへ行き5ユーロ渡したら、8ユーロとかいう。
は?と思ったけど、ちゃんとカップの大きさと値段とを確認せずYesといってしまった私が悪いかな、と思ったのと歩きつかれて言い返す気力が残っていなかったので8ユーロでこのアイスを食べた。
8ユーロとっていったら日本円だと1200円くらいですよ。

甘いものは好きじゃないから普段アイスなんてまず買わないのに1200円のアイスにはやはり納得がいかなかった。
味はおいしかったけど別に日本でも食べられる味。

自分を納得させるためにこの日の夕食を抜いて節約してみた。

c0035836_35297.jpg
朝通ったときより人が増えて大賑わい。

c0035836_36429.jpg
道に絵を描くアーティストが。
ついこないだNHKでフィレンツェをやってるときにこの子が写ってインタビューされてた。
彼女いわく、道路は無料で色んな人に自分の絵を見てもらえる最高の場所だ、そうな。
なるほどね。

c0035836_3111266.jpg
そしてまたドゥオーモに戻ってきた。

c0035836_312545.jpg
中に入ってみた。

c0035836_3125570.jpg
キャンドルが綺麗。

c0035836_3133966.jpg
クーポラ内部の壁画。

c0035836_3141437.jpg
どうやってあんな絵を描くんでしょうね。
イタリアの文化は計り知れない。

c0035836_3145232.jpg


c0035836_3164299.jpg


c0035836_3171528.jpg
ドゥオーモも終了。
[PR]
by rieaus | 2007-05-06 23:26 | Italy
<< Day10 - Paris Day9 - Firenze >>