Day7 - Venezia
c0035836_233387.jpg
今日は早起きしてローマからヴェネチアへ電車で移動です。
ローマでの2泊はバッパーだったのですが、立地もよく部屋もよかった。
イタリア最終日も1泊ローマにしなければいけなかったので、このバッパーにまた泊まることに決定。
3日後の予約をしてからバッパーを後に。

c0035836_2353131.jpg
朝早いのにテルミニ駅は結構人がいました。

c0035836_2355541.jpg
そして、発ユーロスター。
乗る前にホームにある刻印機でチケットに日付と時刻を刻印してから乗車します。
駅員が回ってきてチケットを見せたときにこの刻印がないと罰金を取られるらしい。

c0035836_2373584.jpg
そして、乗ること4時間くらいだったかな?
電車では爆睡してたのであっという間に到着。
駅を降りたらさっそく目の前には水の都ヴェネチアの風景が。
テンションアップ。

c0035836_2394829.jpg
ヴェネチアだ~。

c0035836_240767.jpg
そしてこの綺麗な風景を壊すかのように、また黒人達がコピーのブランドバックを売っていた。

c0035836_2404596.jpg
ちょっと歩くとこんなお土産やさんがいっぱい。

c0035836_2412962.jpg
さっそくゴンドラ発見。
ヴェネチアっぽいぞ。

c0035836_2414624.jpg
そしてまずは予約したホテルへ向かうことに。

c0035836_3455446.jpg
ヴェネチアは電車や車は全くなく移動手段は全て船。
日本の電車の路線図のように、船の路線図や時刻表がありました。
ヴァポレットと呼ばれています。

ちなみに、私は観光客向けのお得なチケットVeniceCardを購入。
ヴァポレット乗り放題に加え、美術館などもこのチケットで入れたりする観光客にはうれしいチケット。
しかも、29歳まではジュニア料金でとっても安い。
購入時、年齢を証明するものが必要なのかと思いパスポートをはりきって用意してたのに何も聞かれず普通にジュニアのチケットを購入できた。
ふけ顔じゃなければ30歳超えててもジュニアチケット買えると思う。

c0035836_24253100.jpg
ヴァポレットからの景色。
ディズニーシーみたいで楽しい!

c0035836_2475037.jpg
私の予約したホテルの最寄り駅リアルトへ到着。

c0035836_2482988.jpg
前日に電話で予約しただけだったので予約できてるかちょっと不安だったけど、ちゃんと予約できてました。
部屋は狭いけど、なんかかわいくて気に入りました。
Hotel Serenissima95ユーロだったかな。日本円にするとやっぱり1万5千円くらいしちゃいます。
本当は格安のバッパーとかに泊まりたかったんだけど、何件か電話したけどフルブッキングでした。
宿検索に時間をかけてローマ観光の時間がなくなるのもいやだったので、予定よりかなり高いけど地球の歩き方にのっていたこのホテルへ電話し予約をしました。

そして、荷物をホテルへ置いて身軽になりヴェネチア観光へ!

c0035836_256406.jpg
さっそくゴンドラがいっぱいあります。

c0035836_2571733.jpg
Piazza S.Marco
そしてサンマルコ広場。
すごい人。

c0035836_2574310.jpg
Basilica di S.Marco
サンマルコ寺院。

c0035836_2582220.jpg
そして、一以上にすごいハト。
うざい!きもい!
顔のすぐ横を人間になれたハトがバサバサと飛んでいく。
広場のあちこちで、ハトの餌を売っている人がいてそれを観光客が買ってハトにやってるからだ。
ハトなんてどの国にもいると思うのに、なんでここまで来てハトに餌やるのか私には理解不能。
うれしそうにハトと記念撮影してる人もいっぱいいた。
ハトの餌買うお金があるなら、ジェラートでも買ったほうがいいと思うんですけどね。
ハト嫌いの人はあそこに行くと死ぬと思うので要注意です。

c0035836_316872.jpg
サンマルコ広場はすごく広い。

c0035836_3343237.jpg
そしてこちらはCaffe Florianという有名なカフェらしい。
創業1720年だそうな。
生演奏が楽しめます。

c0035836_32515.jpg
疲れたのでビールを1杯この歴史あるカフェで飲もうと座るとウェイターがきたのでビールをオーダー。
その後、メニューを持ってきてくれたので見てみた。
すると、ビールだけでも6ユーロくらいするうえに音楽鑑賞料にさらに6ユーロくらいとるとか英語で書いてあった。
ビール1杯飲むのに、12ユーロ、日本円にすると1500円以上は軽くするわけで。
ちょっといくらなんでも高すぎるのでウェイターがいなくなった瞬間に店を退散。

c0035836_384239.jpg
結局、パンやみたいな売店でビールと軽い食料を購入し地べたに座って昼食を済ませた。
全部で3ユーロか4ユーロくらいだったかな。
カフェより数段経済的で、青空ビールが気持ちよく大満足。

c0035836_3123424.jpg
Palazzo Ducale
ヴェニスカードで入れるドゥカーレ宮殿へ行ってみた。

c0035836_3131846.jpg
広い。
そして綺麗。

c0035836_3134015.jpg
廊下にあった椅子たちも光を浴びて美しい。

c0035836_3141242.jpg
ここも凄かった。
世界一大きな油絵もここにありました。

c0035836_3145824.jpg
宮殿内に修理中のところがあったのですが、修理を覆うカバーがしっかりとブルガリの広告でした。

c0035836_31717100.jpg
そして高いので乗るかどうか迷ったけど、乗らないと一生後悔しそうだったのでゴンドラにも乗ってみた。
はじめ30分100ユーロとふっかけられたけど、値切って値切って60ユーロにしてもらった。
それでも日本円だと1万円くらい。たけー。

で、お兄さんがかわいかったので撮影。
このお兄さんとちょっと話してたら写真が好きならBurano島に行くといいよ、と言われた。

c0035836_3185694.jpg
そしてゴンドラへ乗り込むとこのお兄さんではなく、違うベテランのおじさんが待ち構えてた。
残念。
でも、このおじさんポイントポイントで色々説明してくれて親切だったのでよしとします。

c0035836_3194719.jpg
念願のヴェネチアでゴンドラ~。
高かったけど、やっぱり乗ってよかった。

c0035836_320513.jpg
ヴァポレットでは行かないこんな細い水路もゴンドラだと入って行きます。

c0035836_3221154.jpg
橋とかくぐったりしてちょー楽しい。

c0035836_3223759.jpg

Ponte dei Sospiri
前方に見えるのは「ため息の橋」と呼ばれる宮殿と牢獄を結んでいる橋。
あの橋を渡り牢獄へ行くと一生戻ってくることはできないそうな。
囚人がここをわたるときに最後のヴェネチアの景色をこの橋から眺めながらため息をつくことから、この名前がついたそうな。
独房も見に行ったけど、ひんやりとしてちょっと怖かったです。

c0035836_3273414.jpg
ゴンドラ漕ぎのおじさんに撮影してもらいました。
やっぱ写真でこう見るとこのでかいゴンドラに一人は寂しく見える。
実際は、本人は一人でも大満喫なのですが。

c0035836_3272097.jpg
大・大・大満足のゴンドラ終了。

c0035836_3302047.jpg
こちらはサンマルコ寺院内。

c0035836_3304947.jpg
Museo Correr
こちらもベニスカードの特典でついていたMuseum。

c0035836_3414117.jpg
Campanile
そしてお次は鐘楼に上ってみた。
上ったといってもここはエレベーターがあるので楽チン。

c0035836_3423728.jpg
観光客でいっぱい。

c0035836_3431447.jpg
鐘楼の景色。

c0035836_3433722.jpg
建物の色が統一されていてとても綺麗。

c0035836_344137.jpg
ヴェネチアっぽい。

c0035836_3442275.jpg
鐘楼から見下ろしたサンマルコ広場。

c0035836_3451674.jpg
ゴンドラはあちこちにあります。

c0035836_346377.jpg
待ちをフラフラ。
かわいい手袋や発見。
欲しいな~。

c0035836_3471765.jpg
ぎらぎら小物のお店。

c0035836_3473856.jpg
水路沿いのレストラン。

c0035836_34875.jpg
かわいらしいアクセサリー屋発見。

c0035836_3482594.jpg
かわいいアクセサリーがあったので買いそうになったけどなんとかとどまって買わずに。
こういうアクセサリーって、見てるとかわいいんだけど実際につけようとすると合う洋服がなかったりする。
そいうものは、写真に収めれば十分。
以前もタスマニアで1時間くらい悩んで買ったピアス、一度もしてないし。

c0035836_3501094.jpg
ヴェネチアは小さい待ちで道が入り組んでて迷路のよう。
地図がないと絶対に歩けません。
ホテルにチェックインしたときにも「迷わずこれた?」と尋ねられたほど。

c0035836_3504976.jpg
写真で我慢。

c0035836_3513963.jpg
そしてリアルト橋へ写真撮影に戻りました。

c0035836_352971.jpg
ここはバポレットやゴンドラなどが行きかう絶好の撮影ポイントなのだ。

c0035836_3524116.jpg
ここで日が落ちるのを待機。

c0035836_353665.jpg
隣で奥さんの買い物を待っている暇そうなおじさまがいたので、撮影してもった。

c0035836_3534491.jpg
だんだんと暗くなってきた。

c0035836_354385.jpg
ほんとはもっと暗くなるまで撮影したかったけど、既に1時間以上日落ち待ちをしてさすがに疲れたので撮影終了。

c0035836_3544175.jpg
夜も綺麗なリアルト橋。

c0035836_355673.jpg
そしてやっぱり気になるこの手袋屋。

c0035836_3552871.jpg
カラフルな手袋がいっぱいあってかわいい。
欲しいな~。

c0035836_3555233.jpg
何かのシアターだったかな。

c0035836_3561940.jpg
かわいいサンダル発見。
欲しいけど高いので見るだけ。

c0035836_3564657.jpg
またまたかわいいサンダル発見。
でもそれよりペデキュアの塗り方がへたくそすぎるのが気になった。

c0035836_3573185.jpg
お店は閉まっているけどライトアップされたケーキ。
おいしそう。

c0035836_358740.jpg
ティラミスもおいしそう。

c0035836_3582774.jpg
夜のディスプレイを見て歩くのも楽しい。

c0035836_3585223.jpg
綺麗な仮面発見。

c0035836_3591022.jpg
ガラスの指輪とかかわいいけど、絶対に割って壊す自信がある。

c0035836_3594515.jpg
ホテルに帰る前にもう一度サンマルコ広場へ寄ってみた。

c0035836_402635.jpg
夜の10時くらいだったと思う。
なので、だいぶ人も減ってた。

c0035836_42575.jpg
夜はライトアップされて綺麗。

c0035836_422453.jpg


c0035836_425486.jpg


c0035836_43735.jpg


c0035836_431820.jpg
カフェではまだ演奏が続いていました。

c0035836_44479.jpg
こちらは滞在したホテル外観。
かわいらしいでしょ?

ヴェネチア大満足で就寝。
明日は島を攻めることに。
[PR]
by rieaus | 2007-05-01 02:48 | Italy
<< Day8 - Venezia ... Day6 - Roma >>